手で持たれるカプセルと白い錠剤
  • ホーム
  • インフルエンザに有効な治療薬

インフルエンザに有効な治療薬

インフルエンザはウイルスによって引き起こされる病気なので、抗生物質を使った治療ができません。
そのため従来はインフルエンザに罹患したら、体の免疫力によって自然治癒するのを待つ以外の方法がありませんでした。
ところが最近はインフルエンザウイルスの増殖を抑える抗ウイルス薬が開発されたので、インフルエンザ治療薬を用いて積極的に治療を行う事ができるようになりました。
インフルエンザの治療薬はいくつかの種類があり、それぞれ特徴が異なります。

診療所や病院に外来として診察を受けてA型またはB型のインフルエンザの診断を受けると、タミフル、リレンザ、イナビルのいずれかの治療薬が処方されます。
いずれもインフルエンザウイルスの増殖を阻止する効果があり、発症してから48時間以内に服用を開始すると治癒までに要する期間が短縮します。

タミフルはカプセル状の飲み薬で、時間を空けて1日2回(1回1錠)、5日間にわたり服用します。
タミフルは飲み薬なので簡単に服用することができるという特徴があります。

リレンザは吸引薬で、専用の器具に薬を入れて口から薬剤を吸引します。
治療薬として使用する場合には1日2回、5日間にわたり吸引します。

イナビルもリレンザと同じような吸引薬ですが、1回だけの吸引だけで治療が完結するというメリットがあります。
イナビルもウイルスが増殖する気道や肺に直接薬剤を送り込むことができます。
医療機関でイナビルが処方されると、その場で吸引方法の指導を受けて吸引をする場合があります。

リレンザやイナビルは吸引式でウイルスが増殖する肺や気道に直接薬剤を送り込むことができるため、即効性が高いという特徴があります。
これらの薬は吸引に失敗すると気道や肺に薬剤が届かずに、十分な効果が得られない場合があります。

インフルエンザ治療薬はいずれもインフルエンザウイルスを死滅させるのではなくて増殖を抑える作用があるため、発病してから48時間以内に服用しなければ効果が得られません。

ラピアクタ点滴薬は大人から子供まで使用できるが高い

インフルエンザの治療薬には、飲み薬や吸引薬の他にも点滴薬があります。
ラピアクタ点滴薬は点滴によって投与する抗ウイルス薬で、日本で開発されて2010年に承認を受けたインフルエンザ治療薬です。
ラピアクタは点滴薬なので、飲み薬や吸引薬の服用が困難な患者に対して投与することができます。
この薬もA型とB型の両方のタイプのインフルエンザに対して効果があります。

ラピアクタ点滴薬の投与方法ですが、成人であれば1回あたり15~30分かけて1日1回点滴静注(ペラミビル300mg)します。
通常は1回だけの点滴だけで済みますが、重症化する恐れがある場合には複数回投与する場合があります。
ラピアクタ点滴薬もインフルエンザウイルスの増殖を阻止する作用があるため、他の治療薬と同じように発病してから48時間以内に投与を開始しなければ十分に効果を発揮することができません。

ラピアクタは点滴静脈注射によって投与するため、小さな子供や高齢者などで経口または吸引で治療薬の投与が難しい患者に対しても使用することができます。
ラピアクタは点滴薬なので即効性が高いという特徴があり重症化した入院患者に対しても使用することができますが、医療機関でしか投与することができません。

ラピアクタ点滴薬は患者の負担が軽くて即効性が高いという利点がありますが、料金が高いというデメリットがあります。
成人に1回投与する際に使用する「ラピアクタ点滴静注射バッグ300mg」の薬価は6,216円で、健康保険で自己負担が3割であれば薬の料金だけで1870円の負担となります。
このため、ラピアクタ点滴薬は飲み薬や吸引薬を使用できない患者を治療する場合にのみ利用されます。

関連記事