手で持たれるカプセルと白い錠剤
  • ホーム
  • 冬になると空気が乾燥してウイルスが多くなる

冬になると空気が乾燥してウイルスが多くなる

寒い季節にはさまざまな感染症が流行ります。
この大きな要因としては空気が極度に乾燥するという点が知られています。
空気が乾燥するということは空気中の湿度が低くなるということで、これと同時に細菌の水分もなくなるので軽くなるのです。
その結果、湿度の低い状態では環境の低湿度によりウイルスの軽量化により浮遊しやすい状況が形成されます。

これはウイルスがより多く空気中に存在する事を意味し、低湿度では呼吸と同時に口や鼻から吸い込んでしまうことを意味しているのです。
そして、寒い時期には湿度が低くなり、口腔内や気道、鼻の粘膜も乾燥します。
これは細菌が粘膜から容易に侵入しやすい状況となるのです。

更に、気温が低い時期は湿気が低く粘膜自体が損傷しやすくなっています。
この喉や鼻の粘膜がダメージを受けた状態もウイルスの侵入を促進し、感染を成立させてしまう要因となるのです。
これら複数の要素が組み合わさり、冬は細菌感染を引き起こしやすくなるのです。

そして、一定以下の乾燥した環境ではウイルスの生存時間が伸びるというデータもあります。
これは他人のくしゃみや咳を介して活動範囲を拡大した細菌が空気中に浮遊し、より長い時間生存する事ができる環境をつくるのです。
その為、細菌の飛沫感染の可能性が飛躍的に増加します。
このことから狭い環境では空気を入れ替える事が重要になり、ウイルスの活動範囲の拡大を防ぐ為に換気で追いやる事が必要になるのです。

そして、空気が乾燥すると咳やくしゃみの飛沫も小さくなります。
これは細菌が空気中にまいやすい状況で、ウイルスが活発になりやすい状態となるのです。
その結果として、細菌が活動する範囲も広くなり、狭く人口密度が高い状況で感染の確率が上がります。

また、これらの要素に加え、寒い季節は免疫力の低下が顕著です。
特に、免疫力は身体の細菌からの防御を担う重要な働きをしていますが、艇気温で空気が乾燥し粘膜にダメージを負った状態では細菌からの影響を受けやすくなるのです。
これらの要因から艇気温で空気が乾燥する季節では細菌感染において細心の注意を払う事が必要です。

ウイルスが好む外気温とは

ウイルスには活動に適した環境があります。
特に、細菌は温度や湿度に影響を受け、その勢力を変化させるのです。
とりわけ、温度は二十度以降に細菌が活性化されやすく、この環境温度が低下するごとに徐々に活動が活性化されます。

また、湿度が高い状態は細菌の生存率は低く、同温度でも湿度が低下することで生存率が大きくアップするのです。
そのため、細菌の活動を低下させるためには高い温度を維持し湿度を高く保つ事が有効です。

具体例としては風邪のウイルスがあり、喉や鼻の粘膜を介して体内に侵入します。
これは高温多湿な環境下では感染が成立し難くなりますが、温度が低くなり湿度が一定の数値を超えてくると、ウイルスはその活動を高めるのです。

このため寒い時期には室温と湿度に気を配り、一定の範囲を下回らないようにすることが感染を防ぐ上で重要な意味を持ちます。
具体的には室温が二十度以下の冷えた状態では細菌の活動を高めてしまします。
また、冷たい空気で喉や鼻の粘膜などもダメージを受け、感染症を惹きやすい環境となるのです。
これは室外でも同様で、温度が低く空気が乾燥している日はウイルスへ感染する可能性を高めます。

更に、寒い冬の時事は暖房を効果的に利用する事が必要です。
エアコンの使用は部屋の湿度が上げますが、乾燥を招くという弱点があります。
また、新鮮な空気が取り込まれないという難点もあるので、幾つかのポイントに配慮しなければなりません。
従って、エアコンの使用で部屋の細菌が繁殖しやすくなるので、加湿を行い頻繁に空気を入れ替えるなどの対応が必要です。
このことからウイルスの活発な状況を回避するためには温度と湿度を適切に保つことが必要となります。

関連記事