手で持たれるカプセルと白い錠剤

食中毒の予防方法

食中毒を予防する為にはしっかりとした知識を身に付ける必要がありますが、予防方法には大きく分けると3つの方法がありますので見ていきましょう。

まず1つ目の食中毒の予防方法は細菌やウイルスを持ち込まない、付けないという事です。
料理をする際には食材を直接触ったり、包丁やまな板など様々な調理道具に触れることになります。
万が一、それらの調理道具や調理する手に細菌やウイルスが付着していると食中毒を招く恐れがあります。

大切なことは外から帰ってきたときにはもちろん手洗いやうがいをすると思いますが、調理前にはもう一度手洗いをして、さらには食材も洗う事、加えて調理器具も消毒するように心がけてください。

また調理の際には加熱して食べる肉や魚を切った包丁やまな板と、生のまま食べる野菜を切る包丁やまな板は分けるようにしてください。
もちろん、加熱して食べる食材を触ったら手を洗う事も忘れないでください。

食中毒の予防方法2つ目は、増やさないことです。
細菌やウイルスは温度が10℃以下では活動が鈍くなります。
そしてマイナス15℃以下になると活動が停止しますので、食材を低温保存する事で繁殖を防ぐことができます。
中でも肉や魚などの生鮮食品は、購入後できるだけ早く冷蔵庫に入れるようにして低温保存してください。

最後の3つ目は殺菌する事です。
ほとんどの細菌やウイルスは加熱処理することによって死滅させることができます。
肉や魚はもちろんのこと、野菜であっても加熱処理した方が食中毒にかかるリスクは下げることができます。

また食材だけではなく、使用する調理器具も洗剤で良く洗った後に熱湯で殺菌すれば予防法として非常に効果的です。
特に肉や魚、卵などを使った調理器具は熱湯による殺菌を怠らないようにしてください。

このように食中毒の予防方法としては「付けない」「増やさない」「殺菌する」といった3つの工程が重要になりますので、一つひとつ確認しながら調理してください。

食中毒防止のための消毒剤とは

食中毒を予防する為には、まず始めに持ち込まない事、そして食材や調理器具につけない事が大切になりますが、どんなに気を付けていても完全に持ち込まないようにすることは難しいです。
その為、手洗いと食材や調理器具を洗う事が大切ですが、食中毒防止のための消毒剤とはどのようなものでしょうか、見ていきましょう。

まず消毒剤の多くはアルコールが使用されていますが、アルコールとはエタノールやメタノール、イソプロパノールなどの総称です。
中でも消毒剤に使われるアルコールは人間への毒性が相対的に低いエタノールとイソプロパノールで、日本の薬局方で規定されています。

そんな消毒剤ですが、有効な濃度で使用することで細菌やウイルスのたんぱく質を変性させたり、溶菌させるなどの殺菌効果が期待できます。
またある程度の水が存在する状況で使用すると、細胞膜が編成するとともに、透過したアルコールが細菌の内圧を高めて溶菌してくれます。

このように正しい使い方をすれば効果的に細菌やウイルスを死滅させることが可能ですが、アルコールと水分のバランスが良いのは、消毒剤の濃度が70%から80%になるように混ぜると最も殺菌効果が高いと報告されています。

調理前にはもちろんですが、調理中であっても肉や魚などの加熱食材を調理した後は消毒剤を使用しましょう。
ちなみに包丁の柄の部分は消毒することを忘れがちなので注意してください。

ただし、消毒剤は正しい使い方をすれば食中毒の予防として非常に効果が高いですが、細菌やウイルスの中には消毒剤では死滅しないものもいます。
ですので、消毒剤を使用したから安心ではなく、やはり食材や調理器具につけないようにして、加熱処理も併用して予防することが大切です。

関連記事